ネットビジネスの利益と時間の消費量の関係

斎藤です。

本日は、”時間の消費とネットビジネスの利益”について
色々とここ最近感じた事を書いてみようと思います。

 

例えばアフィリエイトにしても
多くの方がやっていますよね。

 

物販でも良いしアドセンスでも良いし情報商材アフィリでもいいです。

いずれもブログかメルマガで情報発信を行っている筈です。

 

確かにお金を生むかお金を生まないか・・・これが
重要なポイントとなるのは確かな事なんですが
それ以前の問題として、どれだけ自分の発信した情報に
時間を消費してくれるか?ここが結構重要なとこだったりします。

 

 

時間の消費とネットビジネス

時間とお金

 

簡単に言うと、ネットビジネスはどんどん
時間の奪い合い・・・というような状況になってきてます。

 

人間の1日の時間は24時間。

時間

そして睡眠時間、仕事の時間を削れば
平均8時間労働の人だと、せいぜい平日フリーな
時間と言えば8時間未満だと思います。

 

仮にこれを8時間としても、
この時間をフルでネットを活用している人は
まず居ない筈。

 

家族との時間、友達や会社の同僚との付き合い、
恋人との時間・・・これらを差し引きすると
あんまり時間が残らなかったりするものです。

 

 

そんな中で、どんどんネットの世界は急速に発展して
色々なサービスが生まれています。


SNSなんかもその一つで
ツイッター、フェイスブック、そして
何より見てると時間が消費するYouTube。

そして様々なネットショップができたりして
ダイレクトメールがどやどや来たりとか。

 

とにかく進化すれば進化するほど、
あちこちでいかにユーザーの時間の
奪い合いみたいになってる気がしますね(笑

 

時間を奪える人が稼ぐ事ができる?

 

まず、常識レベルで考えても
1日に3時間ネットを利用してるとして
例えばYouTubeを見て2時間、2時間半と消費すれば
残りは30分。

 

そんな状況の中で、全てのメールを読む事もないし
メール読んで全てのリンク先に目を通すとか
ほぼ、あり得ないと思います。

 

つまり人は、みんな時間に制覇されているからこそ
時間が無くなればネットの世界には居られなくなるのです。
(寝ながらネットは、できないし(笑 )

 

結果として、いかにネットの滞在時間を3時間ある人を
その3時間、目一杯引き込めるものが一番強いわけです。

 

で、ここで重要な要素を掘り下げると
「どうやれば人の時間を奪う事ができるのか」という事。

 

 

例えばアフィリエイトで情報発信するならば
ブログを見てくれる時間をより多く消費して貰う事。

 

メルマガであればメールを読んで貰う事です。

 

時間を消費してくれないという事は、見ない、読まないという事に繋がりますよね。

つまり時間を消費してくれない=利益に繋がらない

こんな図式になるわけです。

時間の消費をするにしても、誰もが嫌な無駄な事に
時間なんて消費したくありません。

では、どういう時に消費するかと言うと、


興味ある時。
楽しいと感じる時。
緊急性がある時。
何かを解決したい時、
どうして良いか分からない時。

 

こんな感じでしょう^^;

 

あれこれと色々な物が登場すると、
時間の消費先もあれこれ変わってくるわけです。

 

リアルの世界でも同じ事が言えますよね。

 

あちこちに店ができても、時間が無ければ
行く事もできないし1日に行ける要領には限界がある。

 

例え、どれだけ楽しい場所があっても時間に制覇
されている以上は、時間がなくなれば、そこに滞在できないのです。

 

リアルビジネスでもネットビジネスでも
言えますが、少し掘り下げて言うならば
ネットビジネスの分野のアフィリエイトで話をすると、
「ユーザーに時間を消費して貰う事を意識する」という事です。

 

少なくともアクセスがあっても1秒、2秒で、
訪問者が、サイトから出て行ってしまうようなサイトは、
売上なんて伸びる筈がないわけです。

 

運良くアフィリコードをクリックして貰って
たなぼたみたいな収益があるかもしれませんが、
そんなものを狙う為に時間をかけて量産するよりも、
時間を費やして貰うコンテンツ作る方が、よっぽど効果的なのです。

 

もちろん時間を消費して貰えれば
確実に利益が生まれるってわけじゃないですが
まず最低限、時間を奪う事ができなければ
利益は生まれないって事です。

 

ここ最近でも、僕もブログなどは質重視って事を良く言いますが
ただ文字数が多いだけとか、そういう質じゃなくて
”時間を奪う”と言うところで言うと、

時間が奪えるもの=質が高い
時間の奪えないもの=質が低い

こんな感じの図式で考えてみると面白いんじゃないかなと思いますね^^

 

つまり、質の低いものをいくつも作ると労力も掛かるし、
得られるものも小さいって事ですね。

 

つまり、質の低いものより質の高い物を
作る事を意識する方が良いという事です。

 

質が高い=文字数が多いじゃないって事ですw
読まれなければ意味ないですからねw

これは物販でもトレンドでも言える事です。

 

そうそう、先日はちょっと、これについても書いてみましたが・・・⇒楽テンプレ (佐藤千鶴)

 

「推薦してる人も多いのに、ダメなんですか?」

とか

「何か補強できるような特典はないですか?」

みたいな質問も
頂いていたので少し書いておきます。

 

確かに練習がてらには良いかもしれませんけど、
こういう事をするなら質の高いサイトを見つけて
その記事をリライトしてオリジナルとする…その方が良いです。

 

もちろん最終的には、自分で書けるようにならないと
駄目ですが・・・。

 

今回の例で言えば短文で文字数の少ない元文を
置換していく……という事を考えれば明らかに、

時間の奪えないもの=質が低い

・・・という事です。
質の低いものをいくつも作ると労力も掛かるし、
得られるものも小さいって事に繋がるわけです。

 

ただ、成果が上げられない人で、記事が書けないということが
障害となり挫折している人が多いことは事実だったりします。

 

だからこそ、こういったものに縋る気持ちも分かるのですが、
依存し過ぎると、ずっと小さなままって事です。

 

ただ、依存がどうとか以前に、コンテンツそのものが実際に
セールスページのイメージと、価格なども踏まえての
評価なんですけどね^^;

 

無論、悪いってわけではないですが、
この手の物で効率化を踏まえるならば、明らかに、元文に限りもないので
上記のリンクでも書いてるようにMSRの方が僕は確実に良いと思いますし
使っている間に色々と見えてくるもの出てくるのではないかなーと思います。

 

テンプレの元文に依存するという事、そしてその元文そのもの・・・。
コンセプトは良くてもコンテンツとしては、微妙かな…と評価した次第です。

 

少なからずそれ相応の加筆修正も必要ですし、
手順通り使うだけでは、時間の奪えるコンテンツの量産には、繋がりそうもないですからね^^;

 

 

ではでは今日はこの辺で。

斎藤でした^^;

 

副業のメルマガ

少しでも この記事がお役に立ちましたら 優しくクリックしてください。
ブログランキング応援宜しくお願いします。

↓↓↓↓↓↓
ブログランキング

こちらでもブログを書いています。参考にしてくださいね。副業とネットビジネス
そしてもう一つはこちら。 ⇒儲かる情報商材は、存在するのか?

斎藤のメルマガは、こちら
副業のメルマガ

こちらも読んで頂ける幸いです 斉藤より

現在 当サイトでは
日々多くのメール相談が届いています。

中には、「騙された」というものもあれば
「稼ぐ為にどうすれば良いか?」とか
パソコンの技術的な質問など、様々です。

数も凄い数なんですよね^^

そういった相談の経緯で 希に悪質なものは、
マニュアルなども受け取り
被害にあわれた方の協力によって
悪質な商材の実態を暴露して 少しでも多くの人が
被害に合わないような活動もしています。

もしも 何か商材を買われて、”あ!やられたー”と思われたり、
「聞き難いけど、これってどうすれば良いんだろう」とか、
「稼ぎたいけど何から始めれば良いのか?」

などなど、
遠慮なく気軽にメールを頂ければと思います。

情報提供いただける方は 以下のフォーム、あるいは お気軽に
直接メール頂いても構いません。

必ず全てのメールに目を通し返信します^^

質問、相談、お問い合わせや特典請求はこちらです。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

管理人斉藤の自己紹介

管理人

ブログの人↓↓


斉藤のプロフィールは、こちら


まずはじめに、以下のバナーとか
読んで貰えると僕のこともわかると思います。



斉藤がネットビジネスで重要だと判断している事。

↓↓↓

ネットビジネス

あなたの寿命は、あと何年?

寿命計算機


注目コンテンツ








RSS 副業とネットビジネスで一攫千金

タグクラウド

このページの先頭へ