イメージ画像

ストーリーライティングって本当のところ何?

斎藤です。

なんだか天気の悪い日が
続いてましたが なんとか
今日は晴れましたね。

 

ちょうど家もまあまあ完成気味で
今月中には引っ越し予定。

 

多分、後半か月初めは、相当バタバタしそうです(苦笑

というわけで本日の話題はストーリーについて。
そして情報を与えるというテーマで書いてみます。

 

 

ストーリーライティングとは?

ストーリー

「ストーリーライティング」って知ってますか?
人はストーリーに魅了されるとか、
良く言われるのを聞いた事がある筈です。

 

こういうと、

昔話?
シンデレラ?
タイタニック?

 

などなど色々な妄想が掻き立てられるのですが
実際には、活用すると言っても「サッパリ」と言う人も居るんですね。
僕らの日常生活で 少し絡ませて書いてみます。

 

 

例えば商品ができる工程です。

 

 

例えば自分で友人と一生懸命作成した
1つの商品があったとしましょう。

 

本でも良いし
工作品でも何でもいいです。

 

そして一つの商品が完成した。
これを”A”とします。

 

恐らく、自分も友人も一生懸命作った商品で
その中でお互いの価値を目一杯詰め込んだわけだから
「この世で一番良い」ぐらいに思うと思うんですよね。

 

そこでAの価値というのが10点とします。

 

ただ、本当にAという商品そのものが10かと言うとそうじゃない。

 

自分達が下した、この10点の価値は、
制作などの過程の情報が総合された評価なわけで
客観的にこのAを普通の人が、それらの情報無しで
見た場合、どうなるか?です。

 

1.制作工程に携わった情報+商品の思い入れが、10点であり、

2.客観的に商品を見た感想はと言うと、上記より異なるわけです。

 

つまり、制作工程に関わった情報が
商品価値を高めるという事。

 

では、2の人に対して1のように情報を与える事で
その情報に共感した人は同じく1のようになるという図式。

 

僕らが普段見ている商品でも価値も何も
感じないものとか、「ごくごく普通」というものもありますよね。

でもそこに、先程のような情報が加わると「価値が上がる」というわけです。

 

与える情報で商品価値が変わるという典型的なパターンですねw

 

この流れで言うとストーリーという部分が
「友人と制作した流れ」が該当します。
もちろんここを どう打ち出して共感させるかが
肝と言えば肝なんですけどねw

 

ここから水平展開していくと
ブログのキャラだったり
商品のアピール、紹介などにも
幅広く使えるという事です。

 

 

簡単に言えば「情報の与え方」で商品価値が
変わるという事で この辺の記事

http://blog.livedoor.jp/saitoinfo/archives/1037319865.html

これと同様なんですね。

 

商品の魅力を伝える
自分のブランディングでも
全てにおいて、情報の与え方次第 で
大きく変わってくるわけです。

 

人間は与える情報次第で、映し出すものが変わってくるわけです。

例えば健康食品なんかでも言える事。

よくあるのは、”芸能人も愛用している”とか
あとは、購入者の声なんかでも言える事ですね。

 

いまどき、情報商材の購入者の声なんか
信用する人も少ないと思いますが、

「情報を与えるだけで商品価値が変わっていく」と言う中で
ストーリーなどを盛り込むと、より商品価値を高める事が
できるという事です。

 

是非参考までに。

 

最近の人気記事ベスト3
1位
Facebookがマジでアツいと話題に…

追記あり、「でも現金化ってセンスが必要なのでは?」と
いう質問の回答を追加!
http://blog.livedoor.jp/saitoinfo/archives/1038658152.html

2位
恋愛も苦手なのに恋愛で稼ぐってあり?
http://yasu871.blog.fc2.com/blog-entry-529.html

3位
このジャンルで10万越えが続出中?
http://yasu871.blog.fc2.com/blog-entry-422.html

少しでも この記事がお役に立ちましたら 優しくクリックしてください。
ブログランキング応援宜しくお願いします。

↓↓↓↓↓↓
ブログランキング

こちらでもブログを書いています。参考にしてくださいね。副業とネットビジネス
そしてもう一つはこちら。 ⇒儲かる情報商材は、存在するのか?

斎藤のメルマガは、こちら
副業のメルマガ

こちらも読んで頂ける幸いです 斉藤より

現在 当サイトでは
日々多くのメール相談が届いています。

中には、「騙された」というものもあれば
「稼ぐ為にどうすれば良いか?」とか
パソコンの技術的な質問など、様々です。

数も凄い数なんですよね^^

そういった相談の経緯で 希に悪質なものは、
マニュアルなども受け取り
被害にあわれた方の協力によって
悪質な商材の実態を暴露して 少しでも多くの人が
被害に合わないような活動もしています。

もしも 何か商材を買われて、”あ!やられたー”と思われたり、
「聞き難いけど、これってどうすれば良いんだろう」とか、
「稼ぎたいけど何から始めれば良いのか?」

などなど、
遠慮なく気軽にメールを頂ければと思います。

情報提供いただける方は 以下のフォーム、あるいは お気軽に
直接メール頂いても構いません。

必ず全てのメールに目を通し返信します^^

質問、相談、お問い合わせや特典請求はこちらです。

タグ

ストーリーライティング(人を魅了するストーリとセールスの関係)

斎藤です。

 

本日はストーリーについて話をしたいと思います。

 

よく、ストーリーライティングとかストーリーテリングとか

シナリオライティングとか、

言われたりするのを聞いた事があると思います。

 

僕もそうですが映画を見たり、

漫画を読んだりして人はストーリを楽しみます。

 

”一体、ストーリーとアフィリエイトがどういう関係があるのだろうか”

色々な情報から話を聞いても、

このように感じてる人は少なくない筈です。

 

 

実は、これも一言で言うと、簡単に伝える事ができるのですが

少し長く説明していきます。

 

アフィリエイトにおけるストーリー戦略

ストーリーライティング

 

 

一言でストーリ―戦略と言っても、使える部分は様々で

色々な部分で活用できます。箇条書きにすると、

 

●情報商材のセールスページ。書き手

なぜ、販売したか、なぜこの商品を公開したいと思ったか。

なぜ、自分が成果を出す事ができたのか

 

●商品のレビューや感想など

自分が対処の商品をどういう経緯で手にして、どう感じたのか?

そして、その感じた事に対する理由とは何か?

 

●ブログやサイトの管理人

どういったコンセプトのコンテンツなのか

なぜ、ブログを運営しているのか 何を伝えたいのか

 

 

などなど、様々な部分で使われます。

いずれも、しっかり意識して書けば、相手に強い印象を残せます。

 

 

ストーリー戦略のイメージ

 

なんとなーくイメージができた人も居ると思うのですが

さらに突っ込んで書いていきます。

 

恐らく●●が好きだから、その商品を買おうと決意した経験は、数多くある筈です。

僕がよく感じるのは漫画とかアニメとか。

 

アニメや漫画ってのは明らかストーリーです。

 

ドラえもんでもそうだし

最近で言えば、妖怪ウォッチとかもそうですね。

 

低年齢層に人気のもので言えばアンパンマンとかもそうですね(笑

 

 

人気の漫画は色々とありますが

ここでの焦点は、関連付けした商品です。

ようはキャラクターグッズです。

 

 

妖怪ウォッチなんかでもそうだし

アンパンマンとかでもそうですが

おまちゃやキャラクターグッズって数多くあります。

 

 

これらが売れる要因は漫画とうストーリーに魅了された人が

ファンになり、虜になって購入するからです。

 

また、もっと身近な例で言うと、YouTubeでアンパンマンと

検索すれば色々な玩具の動画とか登場します。

 

もしも家族に小さな子供が居れば、こういった玩具の動画とかを

何度も見せていて、実際にその玩具が売っているトイザラスなどに

行けば、高い反応を示します(笑

 

これは、実際に手に取って遊んでいるストーリーを見て

自分も類似体験して欲しいと興味を示しているからです。

 

あるいは、アンパンマンの漫画でもレンタルして見せていると

玩具売り場にいけば「あ!アンパンマン!」となるわけです。

 

さすがにストーリーも知らずに

アンパンマンの人形だけを見て「欲しい」なんて思わない筈です(笑

 

 

では、もう少し僕らと近い世界で考えると・・・

 

例えば以前に少し紹介したスティーブジョブズ

こういうのを見て、アップル製のマックのパソコンや

アイフォンなどに手を染める人も多い筈です。

 

これで言うとスティーブジョブズやアップルのストーリーに魅了された人も居るという事。

 

恐らく全員じゃないと思うのですが、結構居るのではないかと思います^^

 

思わず僕も魅了されて、マックを買おうかと思いましたが

機能面で辞めましたが、無性に欲しくなりました(笑

 

…とまあ、これこそが、ストーリーにハマるという仕組みです。

 

こう説明すれば、アフィリエイトで活用できるというのも、頷ける筈です。

 

 

この情報業界でもよく見るのですが、

元々はダメなフリーターだった→ひょんなきっかけから、大金持ちに…

と言うようなストーリーを見かけた事もあると思います。

 

ある意味、こういった過程を見て、人は気になり、一体どうやって

そんな風になれたのか?(肝の部分)に興味を抱き、ついつい

お金と時間を費やすという事です。

 

そして物販で言うと、レビューや感想もそうです。

まさに類似体験させるというのも、その一つですよね。

 

どういった理由で何に興味を持ち手にしたのか

そして実際にその商品を手にして、どう感じたのか

その商品を手に取ってどうなったのか

 

こういった部分は超重要だったりします。

 

またブログやサイトで情報発信をするならば、管理人の設定とかですね。

 

あんまり僕は、教える時に”ストーリー”という言葉を出しませんが

ここでも、自分がどういう人物で、どういった過去を持ち、

どういう情報を発信する事に信念を持ってるか…などの部分ですね。

 

 

ただ闇雲にレビューや感想を並べているだけのサイトは

ほぼ売り上げも上がらず、一つの参考資料というだけで終わります。

 

 

無論、レビューサイトとか、そういうのが殆どない時点では、

目新しさというものがありましたが……今では、到底難しい話です。

 

 

つまり運営者のストーリもあって、記事の中にも

それらしく管理人のイメージが伝わるものの有り無しというのは

読み手に与えるイメージはめちゃくちゃ大きいわけです。

 

 

アフィリエイト、情報販売や自社商品の販売にしても、

「ストーリー」と言うのは、かなり効果的な演出方法です。

 

ディズニーとかでもそうだし

先程も述べたような漫画のヒット作

これら殆どが関連商品を販売し、そのストーリーに魅了された人が

関連グッズを購入しているのを見れば、その効果も言うまでもないです。

 

 

ただ、こう言うと

「興味を抱かせるようなストーリーなんて思いつかない」と

思うかもしれません^^;

 

これが思いつかない人は、自分の世界を軸に考えているからです。

これは、迷路と同じで、ゴールから辿って入口を作ればやり易いです。

 

ブログやサイトで何か情報発信をして、

最終的ゴールを決めた部分から、対象とする人、つまりターゲットを

しっかりイメージして、そのターゲットの思考などをリサーチしながら

そのターゲットに合わせて作ると効果的だって事です。

 

既に僕の講座に参加している人も「ピン」ときた人は

確実に収益も膨れ上がると思います(笑

 

ではでは、

少し参考にしてくださいね(笑

 

副業のメルマガ

少しでも この記事がお役に立ちましたら 優しくクリックしてください。
ブログランキング応援宜しくお願いします。

↓↓↓↓↓↓
ブログランキング

こちらでもブログを書いています。参考にしてくださいね。副業とネットビジネス
そしてもう一つはこちら。 ⇒儲かる情報商材は、存在するのか?

斎藤のメルマガは、こちら
副業のメルマガ

こちらも読んで頂ける幸いです 斉藤より

現在 当サイトでは
日々多くのメール相談が届いています。

中には、「騙された」というものもあれば
「稼ぐ為にどうすれば良いか?」とか
パソコンの技術的な質問など、様々です。

数も凄い数なんですよね^^

そういった相談の経緯で 希に悪質なものは、
マニュアルなども受け取り
被害にあわれた方の協力によって
悪質な商材の実態を暴露して 少しでも多くの人が
被害に合わないような活動もしています。

もしも 何か商材を買われて、”あ!やられたー”と思われたり、
「聞き難いけど、これってどうすれば良いんだろう」とか、
「稼ぎたいけど何から始めれば良いのか?」

などなど、
遠慮なく気軽にメールを頂ければと思います。

情報提供いただける方は 以下のフォーム、あるいは お気軽に
直接メール頂いても構いません。

必ず全てのメールに目を通し返信します^^

質問、相談、お問い合わせや特典請求はこちらです。

タグ

このページの先頭へ