イメージ画像

ネットビジネスで稼ぐ思考とは

斎藤です。

 

実はつい先日も会員ページでは投稿したのですが、
ネットビジネスで稼ぐという思考について書いてみますw

 

あと先日こちら⇒パワーアフィリエイト(若月健太郎)も更新しています。

 

 

ネットビジネスで稼ぐ思考

 

 

 ネットビジネスで稼ぐ思考

実はいつだか分からないけど
随分前にも書いたのですが、
どこに視点を置くかで稼ぎの伸び具合が結構変わります。

 

まず、今、この記事を読まれているあなたは、
どういう目標を持っているかです。

もしも、

それが物販アフィリエイトでしたいとか
アドセンスで成功したいととか、
情報商材アフィリエイトで成功したいとか
せどりや転売で大きく稼ぎたい
あるいは、「何でも良いからお金を稼ぎたい」(これは論外)

 

こういったものしか頭の中に無ければ
伸びる速度は確実に遅くその収入も限りなく伸びにくいと言えます。

 

もちろん今の生活に数万円…と言うレベルであとは要らない。

そんな考え方だったら、全然構いませんが
もしも大金を狙っていながら、
物販とかアドセンスとか、商材アフィリとか
そういう部分的なビジネスしか見てないなら確実に勿体ないですね。

 

常に業界全体像を見る事。

 

まあ、少なくとも情報商材のセールスページを見て
そのセールスページに期待を抱いて、
その中のビジネスだけに夢を抱くのではなくて
もう少し広い範囲に視点を広げてみる事です。

 

もちろんその中の世界を覗く事は必須ですが、
それだけに囚われないってところですね。
例えば僕の場合は最初に情報業界を知ったのはヤフオクとかの情報カテゴリ。

情報を売って金を稼ぐ。

情報=原価0円

需要があれば飛ぶように売れる。

原価0円だから売れるというか飛ぶよにお金が入ってくる。

今思うと、どちらかと言うと一番上の部分を見てきたわけです。

 

俗に言う仕掛ける側を見て「儲かるんだな」と興味を抱いた。

 

そしてそこから、情報と言うと。どんな種類があるかと
展開していくようになり、

物販アフィリ、転売、せどり、商材アフィリ、アドセンス
その他諸々怪しい系教材など…も読んだりしてきました。

 

で、結局のところ、これらを学ぶという事は、
情報業界で稼ぐ事が目的の為であり、だから、ある程度
様々なビジネスを学んでいかないといけない。

 

これが何よりキッカケの一つです。

 

つまりせどりで100万稼ごうとか(稼ぎましたが)
物販アフィリで100万稼ごうとか(これも普通に稼ぎましたが)

もう、そういう思考じゃなくて
狙いそのものが、この業界で稼いでみる事なので、
その為に最低限のビジネスをマスターしようとしただけの事です。

 

つまり、それぞれのビジネスで稼げる数字が
どうとかって事が目的ではなくて、
それぞれのビジネスで稼いでみる事って言うのは
本来の目的の為の途中経過でしかないわけです。

 

まあそれそれ成果が出せた時は嬉しいものでしたけどねw

 

ただ、その成果が目的では無いわけです。

例えば物販系の何かの情報買って50万稼ぎました。

とか、

例えば成果の声も積み上がっているような

こちらの教材⇒下剋上のレビューこれで10万円稼ぎましたとか。

 

 

確かに、最初は良い事ですが、そこで一度全体像を見渡して欲しいんですよね。

一体誰が一番儲けているのか。

1.50万円稼げる情報を販売している販売者の収入

2.50万円稼げる情報を販売者から購入した購入者の収入

3.販売者がこの情報で稼ぎ続けたと仮定した場合の収入

 

結論から言えば、

2<3<1

 

こんな図式が成り立つわけです。

まず経験のある3番を3から教わる2番は
恐らく簡単には、越えられないという事。

 

そして2の収入や3の収入よりも遥かに
1番の方が儲かる額も率も大きいわけです。

結局この図式を見て、自分がどの位置にいきたいかです。

 

ある程度の経験や勉強、スキルを磨くという意味では
2番は必須項目ですが、常に1という選択肢がある事を
頭の中に叩き込んで貰いたいわけです。

 

この部分を見ない、知らない意識しないと言うのと、
「自分が到達するべく位置」と意識するのでは、
また2の収益の伸び具合にも響いてくるんですよね^^

 

まあ、上から見渡して目的を決めようと、
下から入って目的を決めようと、何かしら
時間、労力、そして時にはお金を投資してながら
学んでいかないといけないのは事実なんですけどね^^

 

「もうこれだけあれば、もういいや」なんて考えが出ると
完全に成長が止まりますからね^^

 

まあ、ちょっと参考までに…。

では斎藤でした。

 

自動リライトツールMSRのレビュー記事

初心者向けアフィリエイトコンテンツ トレンド系+@

初心者向けアフィリエイトコンテンツ 物販系アフィリエイトコンテンツ

 

副業のメルマガ

少しでも この記事がお役に立ちましたら 優しくクリックしてください。
ブログランキング応援宜しくお願いします。

↓↓↓↓↓↓
ブログランキング

こちらでもブログを書いています。参考にしてくださいね。副業とネットビジネス
そしてもう一つはこちら。 ⇒儲かる情報商材は、存在するのか?

斎藤のメルマガは、こちら
副業のメルマガ

こちらも読んで頂ける幸いです 斉藤より

現在 当サイトでは
日々多くのメール相談が届いています。

中には、「騙された」というものもあれば
「稼ぐ為にどうすれば良いか?」とか
パソコンの技術的な質問など、様々です。

数も凄い数なんですよね^^

そういった相談の経緯で 希に悪質なものは、
マニュアルなども受け取り
被害にあわれた方の協力によって
悪質な商材の実態を暴露して 少しでも多くの人が
被害に合わないような活動もしています。

もしも 何か商材を買われて、”あ!やられたー”と思われたり、
「聞き難いけど、これってどうすれば良いんだろう」とか、
「稼ぎたいけど何から始めれば良いのか?」

などなど、
遠慮なく気軽にメールを頂ければと思います。

情報提供いただける方は 以下のフォーム、あるいは お気軽に
直接メール頂いても構いません。

必ず全てのメールに目を通し返信します^^

質問、相談、お問い合わせや特典請求はこちらです。

タグ

アフィリエイト セールスの思考

アフィリエイト

斎藤です。

今日は、どっちかと言うと

アフィリエイトの中でも主に

情報商材向けのアフィリエイトの話になります。

 

アフィリエイト、セールスや思考 その1売れない原因

 

まず初めにアフィリエイトで売れない人って言うのは

商品レベルと顧客レベルを理解していません。

例えばあなたのサイトに200のアクセスがあると仮定して

その人達が、どういった属性なのか理解していますか?

 

恐らく売れてる人は理解していますし

売れてない人は、この部分が ぼやけてると思います。

 

まず自然にブログの更新をしていく中で

ここで”何を書いているのか?”という部分で左右されたりします。

例えば、確実に稼がせるとか、100%稼げます的な教材の事ばかり書けば、

検索エンジンからのアクセスで、

興味深く書く人は、そういったものしか興味ない人が多いです。

 

つまり、こういった人に こちらの商材。、⇒ルレアのレビューを見せても

全く無意味で下手すれば拒絶反応を起こす事だってあります。

 

あなたがどれだけ「この商品は素晴らしいです」と言ったところでも

余程時間をかけて教育していかなければ、購入する人が増える事は、

まずないと思います。

 

昨日も少し話したと思うのですが

セールスページで属性を”楽したい系の人”を対象としている場合は、

そういった人が反応するような細工をしている事が殆どです。

つまり、そういう商材を悩んでいる人には、

そういった商材を売るのは困難だと言う事です。

 

当たり前の話ですが、「アクセスは、まあまああるのに売れない」

このようjな答えになるのです。

 

具体的な対処策

 

もしも今の顧客層で売り上げをあげるなら

上の事例で言うと、答えは、楽して稼ぎたい系の商材を

推奨すれば購入率や売り上げが上昇します。

 

もちろん”得体のしれないもの”ですから、それらを売れとは言いません。

 

ただ一つの方法として不完全な商品こそ

ライバルも少なく売り易いという事を言いたいのですよね。

 

物を見る時って色々な角度から見る事ができます。

以前にも何かの時に話をしましたが ”捉え方”です。

つまり、どんなものでも一言で終わらそうと思えば終わらせる事が

できるけど、一つのものについて、

どれだけ多くの選択枠を生み出す事ができるかがポイントって事です。

 

「あーこの商品だめだな」

・・・となった時に、それで終わる人は駄目です。

 

もっと違う利用価値や違う角度からのキーワードを

加える事だけでも、色々な層の人を巻き込んでしまったり

することができるって事です。

 

例えば自分で補足や更に濃いノウハウを付けて、

それを特典について独自の企画特典として

売るとかって事もできるじゃないですか。

 

イマイチだなーと言う商材でも

優良商材でも、読んで実践するだけでなく

そこで学べた事を無料レポートのコンテンツに使うとか。

 

何かその他にも、別教材の特典のコンテンツに取り入れるとか。

一つの決断に対して、複数の選択枠を どれだけ作る事ができるのか?

 

ここポイントです。

自分にプラスになるかも知れないのに、

だから商材を買う決断が直ぐにできない人って言うのは、

一つの視点でしか見る事ができてないという事です。

 

これを考える事ができれば、

どんどん投資ってできるものですよ。

 

逆にこういった柔軟性が無い人は、ギャンブルで言うと

決断一つずつが、丁か半かという、2択しか無い訳です。

そしてどちらかがでれば、その通りに進むしかない…みたいな。

 

しかし、僕の場合は、どっちが出ても

そこから更に複数の道を見つけて

どっちでも損しないような道を進む事ができるわけです。

 

だから自分が少し学ぼうと思ったり

気になる情報商材などが、あればお金を出して買う事ができるのです。

 

僕の場合なら売れ筋の教材とかなら、

買って記事を書けば、その中身が何であろうと

良いレビューでも悪いレビューでも書く事ができると考えます。

 

そうする事で多くのアクセスも得られるという事を

メリットとして取り入れます。

その流れの中で集まったアクセスで

何かが爆発的に売れる事だってあると考えれば

中身がゴミでも、メリットな部分って数多くあるじゃないですか^^

 

つまり、その内容が例えゴミだったら、どうしよう・・・とか

使いものにならなかったら、どうしようとか

普通の人が悩む事でも、僕は、どんな場合でも

有効活用方法がある事を知っているから

どんどん投資して、多くの商材などを読んでいく事ができるって事です。

 

勿論、お金が無ければ買えませんが、

そのお金が無いという問題に対しても

僕の場合なら、お金を作る為の数多くの

選択枠や知識があるので作る事ができるのです。

自分で様々な道を作る事ができない人は、

結局1本のレールをひたすら走り続けるしかないので

(途中で変わりたいと思う事はあっても)

ずっとずっとずーっと何も変わらなくて終わる可能性が高まってくるわけです。

 

こんなところでグルグルやってるイメージですね。

回る

 

まあ、自分の中で行動を止めてしまうような

思考を断ち切る為の理論と言われれば

それまでですが、これができる人とできない人では、

大きな差が生まれます。

 

一つ一つの行動と結果が完全に変わってきますからね。

 

一つ付け加えておきますが

お金があれば行動できるという事を言ってるのでは、無いですよ^^

 

お金の力だけで

例え行動していても、一つの捉え方しかできずに

選択枠を作れない人は

どんどんお金ばかり使って結局何も残らないのに対して、

たくさんの選択枠を生み出せる人ってのは、

お金を使う度にメリットや選択枠をどんどん増やして、

どんどん有利になっていくものです。

 

つまり情報の価値ってのも人それぞれって事です。

考え方や方法次第で、その中身だけに囚われず

色々なセールスもできるわけです^^

 

少し意識してみてください。

今回の内容で、何か感じられるものがあったなら

間違いなく、ここを掴めば大きく変わる筈です。

 

もう少し今回のような思考を実践の場で

どう活用するか?を もっとマスターしたい!

という意気込みのある人は、こちらの扇動の企画に是非参加してみてください。

次回の追加分では、この辺についても特典を追加しますので^^

 

扇動マーケティングの斉藤の特典企画は、こちら

 

ではでは、斉藤でした。

 

次の講座はこちら⇒先延ばしは厳禁。今やらずにいつやるのか?

 

 

少しでも この記事がお役に立ちましたら 優しくクリックしてください。
ブログランキング応援宜しくお願いします。

↓↓↓↓↓↓
ブログランキング

こちらでもブログを書いています。参考にしてくださいね。副業とネットビジネス
そしてもう一つはこちら。 ⇒儲かる情報商材は、存在するのか?

斎藤のメルマガは、こちら
副業のメルマガ

こちらも読んで頂ける幸いです 斉藤より

現在 当サイトでは
日々多くのメール相談が届いています。

中には、「騙された」というものもあれば
「稼ぐ為にどうすれば良いか?」とか
パソコンの技術的な質問など、様々です。

数も凄い数なんですよね^^

そういった相談の経緯で 希に悪質なものは、
マニュアルなども受け取り
被害にあわれた方の協力によって
悪質な商材の実態を暴露して 少しでも多くの人が
被害に合わないような活動もしています。

もしも 何か商材を買われて、”あ!やられたー”と思われたり、
「聞き難いけど、これってどうすれば良いんだろう」とか、
「稼ぎたいけど何から始めれば良いのか?」

などなど、
遠慮なく気軽にメールを頂ければと思います。

情報提供いただける方は 以下のフォーム、あるいは お気軽に
直接メール頂いても構いません。

必ず全てのメールに目を通し返信します^^

質問、相談、お問い合わせや特典請求はこちらです。

タグ

このページの先頭へ