イメージ画像

外部SEOと内部SEOどちらを優先するべきか

斎藤です。

 

本日は外部SEO対策と内部SEO対策と言うテーマで記事を書いてみました。

 

 

現在、SEOで効果が高いのは内部SEOですが

内部対策だけでも難しい状況です。

 

 

現実的に言うと

内部SEO対策だけでも可能ですが

これには、向いてる人、向いてない人が居ます。

 

 

ですから両方ともバランス良く施す事が重要なポイントとなります。

 

 

外部SEOと、その考え方

SEO対策

 

 

まず外部SEOとは、文字通り自分のサイト外で施すSEO対策です。

 

被リンク(バックリンク)とかですね。

 

本来は自然な被リンクを貰う方が一番良いのですが

アフィリサイトなどの場合は、なかなか外部からの被リンクは

難しかったりします。

 

ですからある程度は、外部SEO対策をする方が

有利になるという考えに辿りつくわけです。

 

しかし注意して貰いたい事がGoogleは、自作自演のSEO対策について

嫌っているという事。全て目視チェックとか人力では不可能なので

一定のルールでNGと判定されスパム扱いされるので気をつけなければいけません。

 

 

では、続いては内部SEOについて触れていきます。

 

内部SEOとその考え方

 

内部SEOに関しては主にコンテンツ力です。

 

ブログやサイトの構成とかもそうですね。

 

内部SEOに関しては結論的に僕は検索ユーザーに対して役立つ情報を

与えているかが一番重要だと認識しています。

 

 

滞在時間、PV(ページビュー)といった要素も

全て抽象的に考えると、「しっかりした情報を与えてるかどうか」と

結びつくからです。

 

役立つ情報を与えられて他の記事も読んでみる⇒PV増加

役立つ情報だからしっかり読む(精読率)⇒滞在時間

 

反面、悪い面で言うと

 

情報が薄っぺらい⇒他の記事にも興味がいかない。PVが増えない。

そしてパッと読んで、「面白くない」と判断するとすぐに出ていく。

つまり滞在時間が伸びないという結果に繋がります。

 

つまり内部SEO=コンテンツの質 であって結論的に

これができてないとマイナスになるという事です。

 

内部SEOと外部SEOどちらが大事なのか?

 

ここまでで外部と内部で伝えましたが、最も重要なポイントは

Googleは、検索エンジン経由からのユーザーの動きを

見ているという事。

 

つまり滞在時間や精読率、PVなどですね。

 

これらを踏まえれば、内部SEOが全くダメで外部SEOで

どれだけ頑張ろうとも、結果的に良い結果を得る事が

できないという事です。

 

つまり内部SEOは捨てられないという事ですね^^

 

 

もちろん内部SEOで読まれる、精読率を高めるとかの話になると

情報の質もそうですが文章力というものも効果的になってくるわけです。

 

 

全て備わってるに越した事は、ありませんが

重要なのは情報の質があって、いかに情報を上手に

伝えるかがポイントって事です。

 

 

ここで”伝える”というのが文章力です。

俗に言うコピーライティング。

 

まあ、ここで重要度を述べてもそう簡単に完璧にできるか?

…と言えばなかなか難しいものですけどねw

 

 

もちろん、完璧というものも無ければ、全ては読み手の捉え方が全てですからね^^

 

 

何を基準にして上手とか下手とかってものがないわけです。

 

ですから、まずは、キーワードに対して価値のある情報を

伝える事を意識すると良いです。

 

あとは色々とライバルサイトなども読んで

どういった文章を書いてるかをどんどん見て意識する事です。

 

内部SEO対策があってこそ外部SEO対策の効果が生まれる

 

まず、外部だけを意識してはダメだって事で、

あくまでも内部SEOがある程度あってこそ

外部SEO対策の効果が出てくるという事です。

 

 

またアフィリサイトの場合は自然な被リンクが増えにくいです。

 

まず優先順位としては内部対策(質)です。

そして外部対策って感じですね^^

 

やたらとSEO対策でも外部SEOを重視しようとする人が非常に多いですが

まず外部に目を向ける前に内部がどうかって事を意識すべきです。

 

よく被リンクサービス(バックリンクサービス)や

SEO対策代行とか色々なサービスが巷には溢れてますが

そもそも外部だけで何か対策を施そうとしているだけで完全にアウトです。

 

確かに数年前までは、通用していた時代もありましたが、

その後腐れで未だに多数のそういったサービスがありますが

実際にGoogle側にも反したもので、サービスがバレると、そのサービス側の

リンク供給先全てがペナルティを喰らったり供給元がペナルティを喰らって

全く効果が現れない、もしくはマイナスに陥るケースも増えています。

 

もしも効果的にSEOを施すなら自分が展開したい同ジャンルのサイトを

ライターや外注を使って増やし、更新させるべきですね^^

そこから自分で手動でリンクの供給を行うとかね。

間違えてもSEOサービスや被リンクサービスなどは使わないように気をつけましょう。

 

ではでは斎藤でした。

 

副業のメルマガ

少しでも この記事がお役に立ちましたら 優しくクリックしてください。
ブログランキング応援宜しくお願いします。

↓↓↓↓↓↓
ブログランキング

こちらでもブログを書いています。参考にしてくださいね。副業とネットビジネス
そしてもう一つはこちら。 ⇒儲かる情報商材は、存在するのか?

斎藤のメルマガは、こちら
副業のメルマガ

こちらも読んで頂ける幸いです 斉藤より

現在 当サイトでは
日々多くのメール相談が届いています。

中には、「騙された」というものもあれば
「稼ぐ為にどうすれば良いか?」とか
パソコンの技術的な質問など、様々です。

数も凄い数なんですよね^^

そういった相談の経緯で 希に悪質なものは、
マニュアルなども受け取り
被害にあわれた方の協力によって
悪質な商材の実態を暴露して 少しでも多くの人が
被害に合わないような活動もしています。

もしも 何か商材を買われて、”あ!やられたー”と思われたり、
「聞き難いけど、これってどうすれば良いんだろう」とか、
「稼ぎたいけど何から始めれば良いのか?」

などなど、
遠慮なく気軽にメールを頂ければと思います。

情報提供いただける方は 以下のフォーム、あるいは お気軽に
直接メール頂いても構いません。

必ず全てのメールに目を通し返信します^^

質問、相談、お問い合わせや特典請求はこちらです。

タグ

2014年7月30日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:SEOについて

アフィリエイト、競合調査は必要かどうか?

アフィリエイトと競合について

アフィリエイト競合の話

 

斉藤です。

今日は、面白い質問があったのでシェアしたいと思います。

(結構面白い質問内容で役立つんじゃないかなーと思ったので。)

では、いきます!

 

 

 

1000円サイトアフィリ塾の購入者さんみたいで

その内容がこうです。

 

 

悩み系や資料請求関連の商材を見て
よさそうなものを、キーワード候補をリストアップして、
hanasakigani.jpな どで競合調査をしているようです。
↓↓↓
image109

個人的には、こういうサイトなんて、ほぼ使った経験ないですが
便利なのか知りませんが、初心者には恐らく不要ですね。
そこで…続いて質問の続きですが…

 

よく言われる、口コミ、評価、治療、地域名、などの濃いアクセスが
集まるといわれている複合キーワードを探しても、競合調査の段階で
これならイケる!というイメージがわかずに、躊躇してしまいます。

 
という内容。
こういうのでイチイチ競合を意識していると
確実に行動ができなくなります。

 
以前に僕の会員ページでも
何度か書きましたが重要なポイントは
SEO以前に、ブログやサイト以前に
作ったサイトの強さが違うってところです。

 
ライバルサイトのバックリンク数が多かろうが
少なかろうが、僕としては、気にする必要性なんて
無いと思うんですよ。

 
確かに今から書くぞ!って記事のコンテンツに関して
ある程度は検索は軽くしますが、
それを見て、辞めようとかそういうのは一切ありません。

 
むしろ競合が多いキーワードを避けるとかって
考えがありませんので。

 

なぜ競合の被リンク数などを気にしないのか?

まず相手が100の被リンクがあって
あなたが0のスタート位置だと
不安に思ったりするかもしれません。

 
しかし、以前にも会員ページでも話したとおり、
被リンク数が多い⇒上位表示 という事は、ありません。
既に今では、通用しません。

 
つまり被リンク数だけで見て
ライバルが多いとか少ないとかで
記事を書くとかキーワードを選んでしまうというのは
間違いなのです。

 
もしも、そういう事をしていれば、自分のチャンスを何度も
失っているだけです。

 
つまりサイトやブログを作った時点で
0点スタート位置では、無いと話しましたね。

 

 
それを考えれば
あなたがリサーチした検索ワードで競合が多くて
そのライバルサイトの幾つかが
バックリンクなどを見て強そうに感じても、
それだけの情報で強い弱いを判断する必要も無いって事です。

 

 
独自ドメインのサイトでも
無料ブログでも言えるのですが
(主に0スタートのブログ)
作った時点での強さってものがあります。

 
つまり被リンク数だけが上位表示の要素というより
幾ら、数を束ねても、その被リンク元によっては
ほぼ無意味な被リンクという場合だってあります。

 
そういう要素を考えれば
競合を意識する部分は内部コンテンツであって
今や既に被リンク数を調べて競合チェックなんて
言ってる時点でゴミなのです。

 
そういう間違えた話がでているから
初心者はキーワード選定一つで躓いて
結果を出せなくなる…という部分がある訳です。

 
競合が多いという事は、狙い目のキーワードでもあるので
他のライバルサイトのコンテンツを見て
それ以上のものを作るくらいの意識が必要だって事です。

 
今ではコンテンツの薄いサイトは
小細工で上位表示させても、すぐに順位も落ちてくるし
安定性もなくて、ずっと労働SEOをし続けるハメになり
少し間違えるとペナルティを喰らって圏外に単身赴任になる事も(笑

 

 

これは先日の伊藤虎太郎の伊藤塾 でも解説済みですね^^

 
つまりこういった競合チェックのサイトは
僕から言わせると使う必要性って本当に無いと思うんです。

 
ライバルサイトを見るのは勉強になりますが
その時点で、”自分には無理だなー”とか思う時点でマイナスですから。

 
ただ逆にどうやって競合が、多いサイト群の中で
自分のサイトを上位表示するぞ…という意気込みで
ライバルサイトが、なぜ上位表示されているかなどを
調べるのは、全然ありだと思います。

 

 

まあちょっと参考になればなーと思います。

 

斉藤でした。

少しでも この記事がお役に立ちましたら 優しくクリックしてください。
ブログランキング応援宜しくお願いします。

↓↓↓↓↓↓
ブログランキング

こちらでもブログを書いています。参考にしてくださいね。副業とネットビジネス
そしてもう一つはこちら。 ⇒儲かる情報商材は、存在するのか?

斎藤のメルマガは、こちら
副業のメルマガ

こちらも読んで頂ける幸いです 斉藤より

現在 当サイトでは
日々多くのメール相談が届いています。

中には、「騙された」というものもあれば
「稼ぐ為にどうすれば良いか?」とか
パソコンの技術的な質問など、様々です。

数も凄い数なんですよね^^

そういった相談の経緯で 希に悪質なものは、
マニュアルなども受け取り
被害にあわれた方の協力によって
悪質な商材の実態を暴露して 少しでも多くの人が
被害に合わないような活動もしています。

もしも 何か商材を買われて、”あ!やられたー”と思われたり、
「聞き難いけど、これってどうすれば良いんだろう」とか、
「稼ぎたいけど何から始めれば良いのか?」

などなど、
遠慮なく気軽にメールを頂ければと思います。

情報提供いただける方は 以下のフォーム、あるいは お気軽に
直接メール頂いても構いません。

必ず全てのメールに目を通し返信します^^

質問、相談、お問い合わせや特典請求はこちらです。

タグ

このページの先頭へ