今すぐ質問

HHKB Studioは、ポインティングスティックとジェスチャーパッドを搭載したHHKBのハイエンドモデルです。

 

このリアルフォースなどのキーボードを使っていたので実際にどのぐらいこのポインティングスティックとジェスチャーパッドが便利なのか試してみる為にプレ値で購入。

 

この記事の執筆者 斎藤やす

この記事の信ぴょう性

ブログ歴10年以上。
認定コンテンツマーケター 、SEO認定 、WP Elevation Blueprint Course、OSTraining WordPress Developer Courses、LinkedIn Learning WordPress Certifications
メルマガはこちら
【法人3社経営】
【コンテンツ販売、アフィリエイト、物販ビジネスなど殆どのネットビジネスで7桁~8桁越え達成】
LINEはこちら
Facebookはこちら

執筆者 斎藤やす

HHKB Studioを購入した理由

  • ポインティングスティックおよびマウスボタンの追加。
  • ジェスチャーパッドの追加。
  • メカニカルスイッチの採用。

この3つに心が揺らぎました(笑)

 

筆者のキーボードの履歴

僕のキーボードの購入歴は、

  • HHKB
  • 東プレリアルフォース2種類ほど
  • レイザーキーボード2種類
  • ロジクールキーボード
  • その他Amazonにある1万円以下のキーボードなど

とにかく数多くのキーボードを使ってきました。

 

どちらかと言えば毎日使うものなので使いやすさ、作業スピードを重視しています。

 

あくまでも そんな僕が使った感想で、個人差がある事は了承下さい^^

 

ネットやYouTubeでは神のように称えられているキーボードですが、実際はどのようなものかをまとめます。

HHKB Studio 実際に利用してみたレビュー

hhKBの箱はシンプルでとてもお洒落ですね。

 

 

ぶっちゃけ最初にビビったのは、配線の短さです。

とにかくコードが短くてパソコン本体がデスクの下部の隅にあるので届きません(汗)

 

ただ先っぽがタイプCなのでレイザーのものを接続しても普通に使えました。

ブルートゥースは部屋の中で飛び交いすぎているので使いたくないので有線派です。

 

ブルートゥースの場合は、電池式というのが何ともレトロ。

HHKB Studioの良いところ

  • 高級感がある
  • キーのタッチ音が良い。
  • 高級感がある。
  • レトロだけどお洒落

 

HHKB Studioのキータッチの感触はかなり気持ち良いです。

これはHHKB Studioならではでしょう。

また高級感もあります。

 

ただ総合的にはかなり微妙なキーボードでした(汗)

hhkb使い心地は、かなり微妙

HHKB Studioを5万超えのプレ値で買いましたが使うのを断念。

使えば使うほど時間とストレスを感じました。

 

その理由は、そもそも目玉の機能が最悪だった…ということです。

この目玉の機能は、ポインティングスティックとジェスチャーパッドです。

 

HHKB Studioポインティングスティック使いにくい

このキーボードの一番の目玉は、このポインター付きという点でしょう。

 

その機能名も、

ポインティングスティックとジェスチャーパッド

ですが…これは神クラスに使いにくいです。

 

これはあくまでも物理的にどう転んでもマウスよりもこの機能が使いやすい事もなく、実際にキーボード上で操作は可能ですが、マウスまで手を移動させる方が確実に便利です。

 

マウスの代わりには到底ならないと感じた

これは感想というよりは物理的に言える事ですが

どう使おうとマウス移動の方が早いです。

 

画面のポイントを正確な位置にしかもスピーディーに移動できるのはマウスです。

  • ポインターの移動は間違いなくマウスが早い
  • ポインターの位置をあわせにくい。

この2点です。

 

ポインティングスティックでポインターの移動速度はマウスの勝ち

 

たしかにキーボード上で操作できればイメージだけは、便利そうですが実際に使うと遅いし使いにくいです。

 

マウスの場合は、ウィンドウズの設定のMAXのスピードよりも速く速度を設定できます。

 

細かい不満は色々あるのですが今はこの2点を使ってます。

充電が切れた時の交換用に2個おいて移動用には、同じロジクールをノートパソコン用に持ち歩いてます。

 

どちらもマウスの設定でポインターの移動はウィンドウズの設定よりも早く移動できます。

 

この時点でもマウスに勝ち目もなくキーボードでポインターを移動したい場合にはマウスに手を移動する方が楽で速いです^^;

 

ポインティングスティックでポインターの位置合わせが無理

次にポインターを移動できるとしても文章をなぞる、あるいは画像編集などは無理があります。

不可能とは言いませんが、かなりストレスを感じる筈です。

繊細な動きになるので指先で移動できるにしてもこれならノートパソコンのタッチパットの方が操作性が優れていると思います。

 

この機能は大失敗ですね💦

 

また

タイピングは普通ぐらいのスピードですが、100%間違いなくこのキーボードの方が良いです。

 

キーボードは毎日使うものなので、やはりストレスフリーで使いやすいものが良いという考えなので色々な物を買うのですが 今回のHHKB Studioは、ハズレそのものでした。

 

ジェスチャーパッドが使い道ない

目新しい機能で僕がこのHHKB Studioのキーボードを選んだのは、このポインティングスティックとジェスチャーパッド。

このジェスチャーパッドも微妙です。

  • 手が当たると反応してうざい
  • マウスでスクロールする方が便利。

 

「キーボードから手を放さずに作業できる」って夢のようだな…と思ったわけですが

しかしそれは、かなり想像とかけ離れてました。

側面に指が触れると反応して邪魔

側面をなぞるとスクロールとかしてくれますが、これが便利とは言えません。

まず手が当たると反応するので邪魔、スクロール一つとっても縦長のページなどはマウスの方が早いしスムーズです。

 

 

ゆっくり仕事をしている人ならともかく、ガチでブログやサイトの記事更新作業や画像の編集などの作業では、このポインティングスティックとジェスチャーパッド使うよりもマウスの方が早いです。

 

またマウスボタンのように右クリックとかもできるのですが、マウスの方が早いです。

普通にキーボードの横にマウスがあれば、そこに手を伸ばす方が断トツ便利で速いです。

 

これだけなら、全部の機能をオフにしておけば良いのですが、

それだけの問題ではありませんでした…

ポインティングスティックが邪魔

しかも、このポッチ。

めっちゃ邪魔。

かなり邪魔です。

 

G、H、B の3つのキーのところあるのですが、

「が」とか「は」とか 「ば」などを打つ時には、いちいち指がかする事が多発。

 

接触するんですよ、回数重ねるとかなりロスになります。

このボタンは割と致命傷です。

唯一これが割とストレスになります。

HHKB Studio キーキャップ見にくい

ある程度タイピングの早い人なら気にならないですが、たまに英数字や記号を打つ場合に色が全部黒なので 文字が認識し難いので キーボードを見ながら打つ人には不向きです。

とはいえこれは、以前にもリアルフォースで経験済みなので 「黒だから見にくい」は覚悟の上でしたが厳しいですね。

もちろんキーキャップの変更ができるという記事を読んで買いましたが、このキーキャップと互換性のあるキーキャップが見当たりませんでした。

 

キーキャップ変更できない。

リアルフォースなどの場合はキーキャップも簡単に変更ができるのですが、残念な事に今回のこのキーキャップは変更できません。

 

正式に言うとG、H、Bの部分は無理ですね。

そしてHHKBStudioと互換性のあるキーキャップが情報が殆どない為、全く分かりません(汗)

せめてキーキャップぐらいは変更したかったのですが諦めました。

これは事前に調べておくべきでした…。

 

続いては、キーボードのレイアウト変更ができるアプリについてです。

アプリでキーボードをカスタマイズ可能

https://happyhackingkb.com/jp/download/?gad_source=1&gclid=CjwKCAiAkp6tBhB5EiwANTCx1A_jGiSnkhdZVVSpM--NH2xyu2DjItDLmxj0brL8OJwrWsmHNaTS2xoCZ0gQAvD_BwE

 

一応ここでアプリをダウンロードできます。

有線でキーボードを接続してボタンを変更したりできますが、最近のキーボードは殆どこのような機能が実装されているので珍しくありません…。

 

また機能としてもボタンの変更が可能ですがマクロ機能などがあると良かったのにな…と思いました。

特に物珍しい機能がなくて残念…

HHKB Studio キータッチは最高 ストロークは微妙

ただHHKBならではですが キータッチは気持ち良いのは確かです。

とにかく軽くて押しやすい。

しかしながら長時間文字を打ち、そして作業効率を考えるなら、このキーボードは無いかと思いました。

キーストロークは深い

ちなみに今回のHHKBStudioは、HHKBStudio Professional HYBRID Type-Sと同じ押下圧で45グラムですが、ストロークは0.2ミリ少ないです。

モデル スイッチ ストローク 押下圧
HHKBStudio Kailh製メカニカル 3.6 mm 45 g
Professional HYBRID Type-S 東プレ製静電容量無接点 3.8 mm 45 g

 

僕が今使っているキーボードは、レイザーのキーボードですが こちらは最小で0.1ミリまで設定できます。

慣れるとサクサクとタイピングできるので文字を打つのが かなり早くなります。

 

もちろん指のサイズや作業内容によって個人差はあると思いますが、タイピングで最速で疲れないで長時間打ち続けられる…という点では、僕は、このキーボードの方が確実に良い感じです。

その前はリアルフォースでしたが、僕の作業環境だと薄型のキーボードの方が明らかに早く打てるし楽です。

 

ただリアルフォースやHHKBのキーボードと比較すると質感は若干劣るのですが一番大事なのは操作性とその結果なので総合的に見ると、レイザーのこの薄型キーボードが最高かなって感じです。

 

ま、キーボードやマウスは、個人差あると思うので、色々なキーボードを使ってみないと分からないと思いますが、100歩譲っても今回のHHKB Studioが、便利というのは耳を疑うぐらいのレベルです(笑)

HHKB Studio作業効率は上がらない。

ひっくるめると とりあえず使えないキーボードでお蔵入りです。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事